ベルの四十九日

ベルの四十九日だったので、少し早く上がって、連れと合流。
とりあえずごはん。
からのおうちに戻ってディーくんとまったり。

実をいうと、昨日までディーがいない別の場所から「重さ160gの落下音」が聞こえていて、もしかしたらまだベルが部屋にいるのかなぁって嬉しく思っていたんだけど、
それも今日までかもと思ったらまた悲しくなってしまってね。
まだ骨の前に置く写真が現像できないわたしなのでした。

ベルちゃん、寂しくなったら遊びにおいでよ。
コーンとリンゴを置いて待ってるから。

ベル子の月命日

ベルが亡くなってからちょうど1か月。
まだ1か月。もう1か月。

食べる量が減ったように見えたディーくんの体重をはかってみましたが、
見事に変わりませんでした。151g。
よかったような。よくないような。

今日は、ベルが好物のコーンとライチを中心とした晩御飯にしたよ。
少し戻っておいでよ。

ここのところのディーくん

恒例の爪切り後、ご褒美をもらうところです。

すっかり頭頂部はハゲてしまいました。

ごはんは以前のように食べておらず…

というか、おもいのほか好き嫌いが激しかったんだなと。

今までは競い合って食べていたので、好きも嫌いもなく「食べるしかない」みたい状態だったのかと。

ドライフードも今まではカリカリいつも食べてましたが、今は全然減りません。

少しは食べてもらおうと、ふやかして豆腐と混ぜたり工夫しています。

来週あたり体重でもはかってみるかなぁ。

ここのところベルを呼ばなくなっていたのに、数日前呼んでいたので思わず泣いてしまいました。

まだダメだなぁ。。

深夜→朝まで

この6年、こんなことはなかったのよ。

深夜、フィギュアケースからフィギュアが落ちる大きさの地震で目覚めたわたしは、寝返りをうとうとして、腰の違和感に気づきまして。

ぬくい。

なんと!ディーくんが、わたしの腰のあたりに張り付いて寝て居るだと!?

うっそ!まじで!

連れ曰く、わたしは寝相が悪いらしく、ディーベルどちらも近寄らないことで有名だそうです。

証拠として、普段は連れの股の間とか、身体に張り付いて寝て居ることが多いです。連れがいる時はわたしのところには一度も来たことがありませぬ。

というかわたしのそばで寝ることはほとんどありませぬ。無理やり連れて来たら、秒で逃げられます。

なのに、朝までそのまま居てくれたよぉぉ。なんだったら寝坊する羽目になったよぉぉ。泣きそうだし、可愛いし、愛おしいしー。でも寂しくてそうしているんだとしたら、泣ける。

ここのところ、ディーベルが一体化したかのような行動が多いです。

ディーくんがベルみたいにベッタリ。

今まで我慢していたのか、寂しいのか…

うーん。もうしばらく様子を見てみることにします。

キャリーバッグ買い替え

ベルちゃんがいなくなってから、ディーの様子がおかしかったのですが、わたしは帰宅が遅く、どうしても24時間(特に平日の夜)監視することができなかったので、ディーベルともども別宅に預けていました。

22日の夜、仕事の後そのまま別宅に移動し、様子観察。
ぼーっとしていることが多いことと、今までにないくらいの甘えモードでべったり。

聞いてみると、ベルがいなくなってすぐはおしっこのにおいが全然違ったようです。
においで呼ぼうとしていたんだろうな。。

今まで使っていたキャリーバッグは小型犬用で大きいので、別宅に置いて、新しいものに買いなおしました。
においのついたブランケットを入れてみたけど、やっぱ狭いなー。
でもひとりならちょうどいいんだなぁ。
こういうところでひとりぼっちになったことを実感して寂しくなっています。

iPhoneケーブルが消えた日

iPhoneケーブルがないなぁと思っていたのですよ。

で、ある日モモンガズの隠れ家であるデジカメの箱を覗いてみたら、見事に入っておりました。

綺麗に丸めて持ってあがったんだなぁ。

器用だなぁ。

なんて感心している場合じゃないですよね。

はい、没収。