念願の宝塚コス

宝塚歌劇団に興味はなかったものの、一度はやってみたかった宝塚コス。
この度、関西に行く用事ができたので、友人とSalon de Takarazukaへ。

(めっちゃ楽しかった関西の日記は、落ち着いたらあげたい・・・・)

予約をした瞬間から、何を着ようかめちゃくちゃ悩みまして。
ちょっと宝塚について勉強もしたよ。
髪色や髪形、作品や演じていた演者さんの好みとか、んもう頭ぐるぐる。

ちなみに着ることができるお衣装はこちらで確認できます。

Salon de Takarazuka

今まで着られた方々の記事も読んだり、まわりの意見も聞いたりで、結局は

安定のベルばらからアンドレ(赤衣装)、羽根を背負いたかったのでファンシー・ガイ、
そして娘役は広がりまくったドレスに挑戦したかったのと髪形から花詩集100!!にしました。

↓出来上がりがこれ(顔が変わりまくっているので、どこも隠さずに出せます)

胴回りが太い。
まじで、自分の顔のピルケースとか使えなさすぎる。

ファンシー・ガイは・・・・タッパも足りないし、金髪リーゼントが似合わな過ぎて表に出せない・・・・
想像ついてたけど、やっぱ金髪似合わないね。
衣装が本当に重くて、着た瞬間から地獄で。
スタッフの皆様から「がんばって」って言われながら必死にカメラ前に立ったんですが、指示が細かくてついていけず・・・・
「少しあごをひいて」「からだをちょっと右に」「少しだけ顔を左に」「わきをしめて」などなど。
もう最中から筋肉痛だったよ・・・・
でもいい思い出になりました。
ありがとう、宝塚。
今度は雪組公演を観に行きたいです。

念願の宝塚コス” へのコメントが 4 点あります

    • えとさん☆
      いやいや!
      めちゃくちゃ恥ずかしいじゃないですか!
      こんな顔のパツパツのオスカルいないですって(笑)

  1. ピンバック: 早朝、神戸空港に着く – caprices room

  2. ピンバック: 日帰りムラ遠征で壬生義士伝を観てきたよ – caprices room

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。