体重測定

金土日月と別宅で過ごして本宅へ帰宅。

わたしが睡眠不足だったので先に休ませてもらって世話を任せていましたが、夜の23時から朝方までノンストップで部屋を走り回っていたそうです。

恐ろしや。

いや、ケージから出さない日も作ろうとしているのに、そうやって自由に走り回らせたら、ケージだけの日の時にストレスになるじゃないか。

もう、上手に鴨居を走れるそうです。

いや、そこ喜ぶところじゃないからな。

そんなわけで、自由な4日間を過ごしての体重測定。

レモくんは71g。順調に育ってる。

マレちゃんも65g。こちらも想定内。

さて、今日からはまたケージライフですよ。

出してもらえないからって鳴くのはやめておくれよ。

はじめての生きたワーム

はじめての生餌。

いつも乾燥ワームを食べていたので、はじめての生きたミルワームに大興奮でした。

そしてチビズは、はじめての別宅へ。

チビズのあまりのやんちゃぶりに、もうひとりの飼い主がびっくりしていました。

前の子たちより数倍の運動量な気がする。

元気なのはいいことだけど、よく飛ぶし、よく走るし、よく鳴くし、よく食べるもんだから、監視するのも一苦労です。

眠い…

0時過ぎに寝落ちして、2時にアン鳴きで起こされ。

近所迷惑なので起きて、なんだなんだと声を掛け、その後何度もアン鳴きとケージ内を飛び回るガシャン!ガシャン!で寝られず…

いやそもそも、この鳴き声と音は隣の家に丸聞こえな気がする。

防音対策考えないと。

あとちゃんと寝たい。

弟 says 「どこが大人しいんだ」

※ディーベルが剥がした壁紙をモザイクで誤魔化す

わたしのベッドの高さは真ん中くらいのロフトベッドでして、窓側に配置しているので、ここから簡単にカーテンレールに登れます。

つまり、ここが遊び場になっております。

ずっと監視しながら下で待機していますが、今のところ落ちることはないですし、うっかり落ちてもお布団なのでそれほど危ないことはないかなと好きにさせています。

1時間くらい遊ばせたらケージに戻すのですが、最近は「いやだーーーー!」って感じで慌てて外に飛び出てきます…

ワガママを覚えたね?

とにかくよく飛ぶし走るし、噛む。

よしよし、たくさん走ってお腹空かせて、たくさんごはんを食べておくれ。

大丈夫です!食べてます!

諸先輩方からアドバイスされまして、色々改善したところ、ペレットを食べるようになりました。

マレモは元気です。

元気すぎて困ります。いや、ありがたいです。

飼い主は仕事に行く時にまだ間違えて「ディーベル行ってくるねー」と言ってしまいます。違うよ。

ボケ老人かよ。

いやそんな簡単だと思ってないけどさ

ペレットを食べない。

砕いても、ふやかしてもダメだ。

栄養は摂りたいので、今日はミルクを飲ませた。

お水も給水器からは飲まないので、皿に入れている。

飲み方がわからないのかもしれないから、指で出して舐めさせてはいるものの、理解はしていないようだ。

そして、いつのようにレモちゃんからのブギブギ鳴き。

はいはい、手を出しませんよーだ。

仲良くなるには、もうしばらく時間が必要なようだ。

警戒MAX

初日は全く問題なく触らせてくれていたのに、今日になって触らせてもらえなくなった。
やっと自分たちの状態に気づいたのか。

尻尾ゆらゆら、警戒MAXである。

ゲーミングチェアから動かないレモ。

壁紙が気になるマレ。

そんなにすぐには仲良くなれないものである。

はじめまして、マレモです

ご縁ありまして、フクモモベビーと暮らすことになりました。

レモくん♂です。
先に尻尾が出ていたそうなので、一応兄ポジです。
来てすぐは、妹を守ってブギブギ鳴いていました。可愛い。

マレットちゃん♀です。
はじめての女の子。可愛い。顔が女の子だ。

ペットロスがあまりにも酷く、今までフクモモを引き取れないかとお声がけ頂いてもお断りしていました。
でも、ディーが目を閉じて一年経ちましたし、そろそろ前に進んでもいいのではと思い、今回はお申し出をお受けすることにしました。

白いリューシスティックが男の子。ノーマルカラーが女の子の双子で、脱嚢2ヶ月のピッチピチベビーです。

うちに来て初日にも関わらず、遠慮やホームシックなど全くなく部屋中を走り回り、壁を登り、飛び回っていました…
元気なのは良いことですが、頼むから怪我をしないで欲しい…
あと、少しは寝させて欲しい…

これからこの子たちの投稿が増えると思いますが、どうぞよろしくお願いいたします😊

フクモモ袋を作った

アトリエリジッタさんのフクモモワッペンを購入しました。

とても美しい刺繍でできていて、さて、何に付けようかと悩んだのですが、結局いつも使うであろう買い物袋と相成りました。

畳むとこんな感じ。

ポケットから覗いています。

広げるとこんな感じ。

付けてくれた母親さんきゅな!

こうやって準備は整っていく

一年前、もう二度とフクロモモンガと暮らすものかと心に決めて、有難いお申し出もお断りし、その時が来たらアフガンハウンドとスタンダードプードルと保護犬をお迎えして暮らすかな、なんて思っていたのも過去の話。

久々にこのボックスがいっぱいになりました。

独り身もあと僅か。

とにかく今はしっかり睡眠を摂ろうと思います。

あれから一年

そんなわけで、ディーくんが目を閉じてから今日で一年となります。

短かったなぁ。

戻れるのならば、今でも一年と一週間くらい前まで戻りたいと思っています。

後悔はしない甘やかし方をしてきてはいましたが、それでもifがあるならば、その未来が見てみたい。

なんて。

やっぱり悲しくてどうしようもないですが、新しい生活にもやっと馴染んできました。

ペットロス重め代表なもんで、ちょっとやそっとじゃ解決しないですね。

はぁ。来週までがんばろう。