大丈夫です!食べてます!

諸先輩方からアドバイスされまして、色々改善したところ、ペレットを食べるようになりました。

マレモは元気です。

元気すぎて困ります。いや、ありがたいです。

飼い主は仕事に行く時にまだ間違えて「ディーベル行ってくるねー」と言ってしまいます。違うよ。

ボケ老人かよ。

いやそんな簡単だと思ってないけどさ

ペレットを食べない。

砕いても、ふやかしてもダメだ。

栄養は摂りたいので、今日はミルクを飲ませた。

お水も給水器からは飲まないので、皿に入れている。

飲み方がわからないのかもしれないから、指で出して舐めさせてはいるものの、理解はしていないようだ。

そして、いつのようにレモちゃんからのブギブギ鳴き。

はいはい、手を出しませんよーだ。

仲良くなるには、もうしばらく時間が必要なようだ。

警戒MAX

初日は全く問題なく触らせてくれていたのに、今日になって触らせてもらえなくなった。
やっと自分たちの状態に気づいたのか。

尻尾ゆらゆら、警戒MAXである。

ゲーミングチェアから動かないレモ。

壁紙が気になるマレ。

そんなにすぐには仲良くなれないものである。

はじめまして、マレモです

ご縁ありまして、フクモモベビーと暮らすことになりました。

レモくん♂です。
先に尻尾が出ていたそうなので、一応兄ポジです。
来てすぐは、妹を守ってブギブギ鳴いていました。可愛い。

マレットちゃん♀です。
はじめての女の子。可愛い。顔が女の子だ。

ペットロスがあまりにも酷く、今までフクモモを引き取れないかとお声がけ頂いてもお断りしていました。
でも、ディーが目を閉じて一年経ちましたし、そろそろ前に進んでもいいのではと思い、今回はお申し出をお受けすることにしました。

白いリューシスティックが男の子。ノーマルカラーが女の子の双子で、脱嚢2ヶ月のピッチピチベビーです。

うちに来て初日にも関わらず、遠慮やホームシックなど全くなく部屋中を走り回り、壁を登り、飛び回っていました…
元気なのは良いことですが、頼むから怪我をしないで欲しい…
あと、少しは寝させて欲しい…

これからこの子たちの投稿が増えると思いますが、どうぞよろしくお願いいたします😊

フクモモ袋を作った

アトリエリジッタさんのフクモモワッペンを購入しました。

とても美しい刺繍でできていて、さて、何に付けようかと悩んだのですが、結局いつも使うであろう買い物袋と相成りました。

畳むとこんな感じ。

ポケットから覗いています。

広げるとこんな感じ。

付けてくれた母親さんきゅな!

こうやって準備は整っていく

一年前、もう二度とフクロモモンガと暮らすものかと心に決めて、有難いお申し出もお断りし、その時が来たらアフガンハウンドとスタンダードプードルと保護犬をお迎えして暮らすかな、なんて思っていたのも過去の話。

久々にこのボックスがいっぱいになりました。

独り身もあと僅か。

とにかく今はしっかり睡眠を摂ろうと思います。

あれから一年

そんなわけで、ディーくんが目を閉じてから今日で一年となります。

短かったなぁ。

戻れるのならば、今でも一年と一週間くらい前まで戻りたいと思っています。

後悔はしない甘やかし方をしてきてはいましたが、それでもifがあるならば、その未来が見てみたい。

なんて。

やっぱり悲しくてどうしようもないですが、新しい生活にもやっと馴染んできました。

ペットロス重め代表なもんで、ちょっとやそっとじゃ解決しないですね。

はぁ。来週までがんばろう。

思い出を剥がす作業

前々から欲しいと思っていたゲーミングチェアを注文した。
ふと、この年季の入った椅子を捨てることになるんだなと思ったら悲しくなった。

ベッドで寝ていた二匹は、この椅子の背もたれに一度着地してから床に降りていた。
よくここにいたので、においも染み付いている。
そして、ベルの最期はこの場所だった。

そんなことをぼんやりと考えていたら、電車の中でぶわぁぁぁぁって涙が溢れてきて、慌ててマスクに落とした。
なんで買い直そうなんて思ったんだという気持ちと、いつまでも持っていても仕方ないでしょという気持ちがないまぜになって、全部涙になって溢れた。

どうしても自分の手で粗大ゴミ置き場に置くことができなくて、結局は連れに頼んでしまった。
いつも嫌なことをさせてごめんね、ありがとう。
お寿司を奢るから、今回までは許して欲しい。

わたしが忘れない限り忘れることはないのだから、思い出すための手段なんて無くしてしまっても構わないのかもしれない。

なんて強がっても、本当はひとつも捨てたくはないのだけど。

わたしは思う

わたしなんかよりツレの方がいまだに引きずっている。

ディーがいなくなった時に棄ててくれと頼んでおいたあれこれを、ケージを除いて全部取っているし、仕事をする時は仕事場のそばに写真を置き、寝る時は寝室に連れて行く。

水とごはんを欠かさないわたしなんかよりずっと想いが重い。

お陰でいつまでも4人家族である。

さいごのいっしゅうかん

お別れをする準備。

普段そんなにディーがいる気配は感じないのだけど、今日は昼間に動画を見ていたら、椅子にドスンと感触。

うわ、久々にこの音と衝撃が来たなって嬉しくなりました。

こればかりは、気のせいだろと思うには他に起こりようがない現象なもんで。幻聴幻覚じゃない限り。

四十九日までは居ると信じて、毎日朝と帰宅時にディーの名前を呼んでいましたが、それもあと1週間。

早かったような長かったような。恋しさ愛しさは増すばかりで。

残りの時間を大事に過ごそうと思います。

ここのところのはなし

わたしはもともとペットロスがひどい人で、自分でわかっていたから、今回冷静に対処できたのかなと思っている。
いろんなところで言っているけど。

初動が良かったから最悪の状態は免れたけど、一歩間違えたらもうこの世にはいなかったかもしれないと思うと、あの時の自分の冷静な判断に感謝してもしきれない。 続きを読む ここのところのはなし