うたプリ舞台挨拶

ちょうど音也がいたよ。

当選したチケ、土砂降りのパシフィコ横浜。

キャストの豪華さ、音トキのいちゃつきぶり。セシルちゃんのかわゆさ。言いたいことが多すぎる。
本当に待ち望んでいた映画化だったので、とてもうれしかったです。

風邪をひかないようにサッと帰宅しました。

トーハクの特別展「国宝 東寺―空海と仏像曼荼羅」

東寺は京都に行ったら必ず寄る場所です。
だって帝釈天様がいけめんなんだもん!
(注 しかし一番好きなのは阿修羅様なので複雑なのである)

その東寺ご一行様が東京にご出張なんて。
それも、今回帝釈天様のみ撮影OKとのことだったので、ぞんぶんに撮影しまくりましたよ。

大勢のファンに囲まれていながらも、誰も写りこまずに撮れた!

はぁぁぁ、曼荼羅もすごかった。
おなかが空いたので、そそくさと撤退。
今度は京都で逢いましょう。

念願の宝塚コス

宝塚歌劇団に興味はなかったものの、一度はやってみたかった宝塚コス。
この度、関西に行く用事ができたので、友人とSalon de Takarazukaへ。

(めっちゃ楽しかった関西の日記は、落ち着いたらあげたい・・・・)

予約をした瞬間から、何を着ようかめちゃくちゃ悩みまして。
ちょっと宝塚について勉強もしたよ。
髪色や髪形、作品や演じていた演者さんの好みとか、んもう頭ぐるぐる。

ちなみに着ることができるお衣装はこちらで確認できます。

Salon de Takarazuka

今まで着られた方々の記事も読んだり、まわりの意見も聞いたりで、結局は

安定のベルばらからアンドレ(赤衣装)、羽根を背負いたかったのでファンシー・ガイ、
そして娘役は広がりまくったドレスに挑戦したかったのと髪形から花詩集100!!にしました。

↓出来上がりがこれ(顔が変わりまくっているので、どこも隠さずに出せます)

胴回りが太い。
まじで、自分の顔のピルケースとか使えなさすぎる。

ファンシー・ガイは・・・・タッパも足りないし、金髪リーゼントが似合わな過ぎて表に出せない・・・・
想像ついてたけど、やっぱ金髪似合わないね。
衣装が本当に重くて、着た瞬間から地獄で。
スタッフの皆様から「がんばって」って言われながら必死にカメラ前に立ったんですが、指示が細かくてついていけず・・・・
「少しあごをひいて」「からだをちょっと右に」「少しだけ顔を左に」「わきをしめて」などなど。
もう最中から筋肉痛だったよ・・・・
でもいい思い出になりました。
ありがとう、宝塚。
今度は雪組公演を観に行きたいです。

コミケからのTDR

去年は初盆で行けなかったので、久々のコミケ2日目。
目的のものは売り切れでしたが、いい出会いもしたのでまぁいいや。

そしてコミケのあとは、饗の詩へ。

はじめて入れたよ。
いつも混んでたし、ここを通るときはだいたい急いでいたから入れなかったんですよね。
そしてナボナもろた。
初ナボナ。

そのあと、なんか夢の国気分を味わいに近くまで。

すごいいい天気。
またその内、中にも入りたいですね。
で、この後、おKと別れた後、そっこーブルアレに電話して当日予約しましたとさ・・・・

遊佐さんのイベント

遊佐浩二 50th Anniversary CD「io」スペシャルイベントに参加することができました。
おKありがとう。

http://yusakoji.com/index.html

お顔と声だけで満足~~。

終演後、近くのお店へ。

なんかごはん食べて、スタバへ。

滅多に行くことないんですけどね。
ストロベリー ケーキ フラペチーノ、ショット追加。
甘ぇな。

はー新荒尊い

以前、新荒がやばいって記事をあげたのですが、更に病気が進んでいます。

エメラルドグリーンっていうか、チェレステカラーのピアスを買ったり、オレンジとエメラルドグリーンのピアスを買ったりしています。

お皿も買ったりしました。

弱ペダの先生直筆イラスト入りの箱はもうずっと東堂の面が表だったんですが、ここにきて反対側の新開に変えました。
まさかの新荒で泣きそうです。

そして新荒の作品を読んでいるとちょいちょい出てくるまるごとバナナですが、そういえば自分の誕生日にケーキを食べていないことに気づき、
ケーキ代わりに食べました。
美味しい。

そして、とうとうグッズにも手を出し始めた結果のこのアクスタです。

大学生新開と、ハウステンボス荒北をゲット。
めっちゃかっこいいよーーー。
なので、ベローチェのネコを乗せてしまったよーー。
許せよ、荒北。
かっこよさの極みみたいな巻ちゃんもゲットしましたが、どうしても東堂が手に入りません。
これは帰省時にハウステンボスまで買いに行くべきか。。

そんなわけで、新荒好きが加速して止まりません。